一望百景 緑内障
 
今、現代人を取り巻く環境、テレビ、パソコン、インターネット、スマホによる人の目は、

酷使されとても良い環境にあるとは言えません。

特に、ブルーライトを長時間眺めるというのは、目にとってとても負担になるものであり、

眼精疲労・目がぼやける・かすむ・視力が下がる・目が乾く(ドライアイ)などを、招いてしまいます。

酷くなると、失明に陥る緑内障になる恐れもあります。

その為には、予防対策が必要になりますが、ここではアイサプリである「一望百景」をご紹介致します。

琉球アイサプリ 一望百景は、沖縄3素材のサプリメントと言われ、

「手元の文字がかすむ」「年齢とともに、ぼやけてきた」「パソコンやスマホの光がつらい」

「視力が悪くなった」「もしかして、緑内障?」

――そんなあなたに。

従来のベリー系素材とは違う、視力回復や緑内障予防にも効果ある全く新しいサプリメントなんです。

『一望百景』は、紅イモをはじめとする3つの沖縄食材を使用したサプリで、

何と目に良いとされる栄養素 アントシアニンは

ブルーベリーの4倍、ルテインはほうれん草の3倍を含んでいます。

『一望百景』は、数ある沖縄食材の中から、アントシアニン含有の「紅イモ」、

ルテイン含有の「八重山かずら(イモの葉)」、フコイダン含有の「沖縄もずく」に注目し、

ギュッと一粒に凝縮されて、飲みやすくなっています。



   
※【一望百景】を販売しているのは公式サイトと楽天だけで、実店舗では販売されていません。公式サイトがお得です。


アントシアニンとは

アントシアニンはポリフェノールの一種であることで、強い抗酸化作用が期待できます。様々な症状に効果が発揮されるのですが、
最も良く知られている効果としては『目に良い』効果です。視力回復や眼精疲労、白内障、緑内障などの重い症状にも、アントシアニ
ンはじわじわと効果が期待出来る成分です。アントシアニンがどうして「目に関する」症状に効果があるのかと言いますと、物を見る
時には目の中に光が入ると網膜を通って像としてハッキリ認識され、脳に信号として送られます。この時に網膜にある「ロドプシン」と
いうタンパク質が分解し、また再度再合成されることによって新たな情報を受け取ることが出来るのです。しかし、年を重ねて老化が
激しくなったり、あまりにも目を酷使しすぎていたりすると、このロドプシンの再合成が遅れてしまうことがあるのです。この遅れが、目
のカスミ、しょぼつきなどを招いてしまう原因となってしまうわけです。アントシアニンはこのロドプシンの再合成を促進させてくれる
働きがあるので、目に関する症状に良いとされています。
 ルテインとは

ルテインは、有害な紫外線やブルーライトなど光をブロックする役割があります。細胞に光が到達してしまった時でも、紫外線や
ブルーライトを受けた時に発生する、活性酸素を抑えてくれる作用があります。目の網膜の中心部で視細胞が密集している場所が、
黄班部と呼ばれていますが、ここに長年の紫外線やブルーライトなどでダメージを受けると黄班部が変性し、物体の色彩や大きさ
などが違ってみえたり、物が動いたり、曲がったりと違って見えてきます。視力低下や最悪になると失明まで陥ってしまいます。これを
「黄班変性症」といいます。ルテインは、この強い光から目を守り、また、強い抗酸化力でダメージを防いでくれるのです。コントラスト
感度を改善する効果も発揮してくれます。

最近、増えていると言われているのが、「緑内障」という目の病気です。緑内障は、眼球内の圧力が高くなることで視神経が障害を
受けてしまい、視界が狭くなる病気です。ルテインの強い抗酸化力を発揮し、新陳代謝を活発にして網膜や視神経の組織を活性化
する役割があります。その働きが、緑内障の改善に繋がっているのではないか?と、言われています。まだ、研究段階なようで、
ハッキリと明確に断定することはできないようですが、ルテインの強い抗酸化力は、次々と目を大切にしてくれる作用が明らかに
なってきています。


アントシアニンとルテインについて説明しました。

「一望百景」にはこの栄養素がブルーベリーの3〜4倍含まれています。

4倍多いから、4倍効果があるとは言いませんが、現状、この一望百景の口コミ評価では、

かなり良い評価が投稿されています。

使用目的は、視力低下・目のかすみ・老眼・ドライアイ・緑内障等の予防改善にオススメ致します。

特に、緑内障においては、眼圧を下げたい、進行を止めたい、

又は、緑内障の予防には、この「一望百景」をオススメ致します。