一望百景 緑内障
 
あなたは、緑内障と言う眼の病気をご存じでしょうか?

「緑内障とは?」

視野が欠損し、視力が低下していき放置すると失明にまで至る眼の病気です。

「緑内障の原因とは?」

緑内障の直接的な原因は、前房内の房水が隅角からうまく排出されず、

眼球内の圧力(眼圧)が高くなり、視神経が障害されて萎縮するために

それに対応した視野が損われ視野が低下していく眼の病気です。

いったん萎縮を起こした視神経は回復しないので、

緑内障を放置すると失明に至る上、治療に成功しても現状を維持するに

とどまるので早期発見・早期治療が大切になります。

緑内障の事を詳しく知りたい方は、コチラ

「緑内障の治療は?」

主に点眼薬による眼圧低下治療を行い、眼圧の一定を図ります。

要するに、緑内障の治療方法は先ず眼圧を下げることから始まります。

では私達が普段から何に気を使えば緑内障の予防に繋がるのでしょうか?

それは食生活にあります。

実は、私達が食べている食材栄養素の中に眼圧を下げる栄養素があるのです。

では、どんな食材を食べれば緑内障の進行を止めたり、予防になるのでしょうか?

それは、下記表に纏めましたのでご覧下さい。

 ビタミンB6 肉や卵、魚などいろいろな食べ物に含まれています。
 
免疫力を高めるだけでなく、髪や歯などを健康にする

働きをもっています。
 ビタミンC キウイやミカン、かぼちゃなどに含まれています。 

緑内障にはもちろん、白内障予防にも効果があると

言われています。
 ビタミンE 緑黄色野菜に多く含まれています。 

ビタミンEの効果は血液をさらさらにしてくれることです。

緑内障予防にはかかせない栄養分と言えるでしょう。  

さらに生理痛や更年期障害の症状を 緩和してくれる

はたらきもあります。

 α−リノレン酸系の脂肪酸  リノール酸系と間違えてしまうかもしれませんが、 植物

性の油ならα−リノレン系の油を摂るようにしましょう。  

なぜならα−リノレン酸系の脂肪酸は 体の中で

DHA(ドコサヘキサエン酸)に変化するからです。


以上の栄養素ビタミンB6・ビタミンC・ビタミンE・α−リノレン酸系の脂肪酸には

眼圧を下げる働きがあるので、この栄養素が含む食材は

普段から摂取することを心掛けましょう!

とはいっても、この4種類の栄養素を同時に摂取したり、

バランスよく食するのは難しいと思います。

そこでご紹介するのが、石垣産ユーグレーナ(ミドリムシ)の青汁(緑汁)です。



ミドリムシのことは、ご存じの方が多いと思いますが、

石垣産ユーグレナ(和名:ミドリムシ)は、ワカメや昆布と同じ藻類です。

しかし、動物と植物両方の特徴を持つとても珍しい自然素材です。

そのため、野菜や魚などに含まれるビタミン、ミネラル、アミノ酸、DHA、

EPAなど59種類の栄養素を持っています。

この59種類の栄養素の中に、
眼圧を下げる要素が全て含まれています。

故に、この青汁(緑汁)を飲むだけで眼圧を下げる栄養素がバランスよく

摂ることが出来ます。

それに石垣産ユーグレーナ(ミドリムシ)の青汁(緑汁)は、

緑内障の予防や治療に効果あるだけではありません。

・野菜・魚が苦手なお子様

 ・外食が多く、食事に偏りがある方
 
・日々の栄養バランスが気になる方
 
・一度にたくさん食べられない子どもやお年寄り

 ・身体を特に大切にしたいスポーツ選手

・DHAの栄養素も沢山入っているので、お子様の成長期に!

・お年寄りなら、骨粗鬆症予防・認知症予防に!

・血液をサラサラにしたい、脳卒中予防に!

とにかく、切りがありません。それもそのはず、59種類の栄養素が

入ったユーグレーナの青汁なんですから。笑

今なら、送料無料、税込みワンコイン 500円でお試しが出来ますので

是非、ご利用下さい。